洗濯機の汚れの種類

 

1、黒カビ  定番の黒カビです。ひどくなるとワカメから木耳の状態になりあらゆるパーツの隙間に

       繁殖して取り除くのも大変です。塩素剤が効きますが根を張っている場合は数回に分けて

       取り除くため作業時間もかかります。新しい黒カビは塩素剤で溶けますが木耳状態になる

       と溶けないため各種のブラシで取り除きます。

 

2、赤カビ  カビの種類の中でもヘドロ状になっている赤っぽいカビで臭いの原因にもなっています。

       比較的掃除はしやすいのですが洗濯パンの溝は根気よくブラシを使用して取り除くため

       作業時間はかかります。

 

3、柔軟剤  柔軟剤の入れすぎによるもので柔軟剤の取り込み口や洗濯槽の周りなどにプラスチック

       のように固まって層ができています。更に黒カビを生きたままコーティングしているため

       クリーナーも効かず厄介な汚れです。取り除くにはスクレーパで根気よく削ります。

       すでに固まった柔軟剤はお湯にも溶けずらく手作業で取り除いてから塩素剤で黒カビを

       落としていきます。

 

4、洗剤カス 粉洗剤による汚れで洗濯槽や洗濯パンに層を作って白っぽくついている洗剤カスです。

       洗剤が溶けきらずに出る脂肪酸で金属石鹸とも呼ばれています。塩素剤が効かず取り除く

       には酸性剤に変える必要があります。汚れの中でも落ちづらく非常に厄介な作業です。

       特に日立製やパナソニック製の軸に張り付くとコンクリートで固めたようにパルセータ

       が外れません。洗濯パンの軸中央部分にびっしりと入り込み取り除くのは一苦労です。

 

5、糸くず  実際には糸くずやペットの毛に黒カビが繁殖してパーツの至る所に入り込んでいる汚れで

       分解出来ない箇所にも潜り込んでいるため取り除くには根気が必要。 酷い状態になると

       乾燥機能が全く効かず糸くずの埃が洗濯槽側や洗濯槽の外側まであふれ出しまた風の逆流

       でホースを伝い柔軟剤のポケットまで入ることがあります。

 

6、油系   お湯取りで長年に渡り付いた皮脂や洗濯ものに付いた油分などで洗濯パンの溝に黒い粘土

       状がついた汚れ。この油系汚れも黒カビを生きたままコーティングするため通常のクリー

       ナーでは落ちません。油系なのでアルカリ洗剤でこまめに落とした後塩素剤で黒カビを落と

       します。こちらも根気よく取り除く必要がありますので作業時間も相当かかります。

 

7、藻    非常にレアであります緑色の藻が根づいている場合があります。黒カビは塩素剤で溶けま

       すが藻は溶けないためかなり大変です。塩素剤で死滅しますが根を張っているため細かい

       ブラシで削るように取り除きます。

 

難易度Best 5

 

第1位    黒カビ+油系

 

第2位    黒カビ+洗剤カス

 

第3位    藻

 

第4位    黒カビ+柔軟剤

 

第5位    黒カビ+糸くず系

それをピカピカにすると